過去にリーマンショックの時期があり、この世界恐慌の時期には、ボーナスがカットされる、またはボーナスがなくなる、もしくはボーナスが一部しか支給されない、このような企業が大幅に増えました。
このような企業だけでなく、派遣切りなどのニュースもほぼ毎日にわたり報道がされており、いつ、どのような時に解雇をされるのか分からない状況が、リーマンショックの時期には続いていました。

このように、恐慌などが起こった時には、上記のように、突然のボーナスカットやボーナスの減額などがあり、これらのケースについては、例えばローンを組んで家を建てた人などの場合には、ボーナスなどを、家の資金などにあてていたため、大変に困ったことになるものでした。

そのため、大企業などの場合には、このような会社員を救うために、会社からお金を借りる制度についての制度が出来上がっており、利息はわずかで済むように、または無利息でお金を会社からお金を借りる制度が成立しています。

この場合には、会社員の方への福利厚生などの意味もあり、社員の人たちが精神的に動揺などをしないように、このような会社からの援助で、お金を借りる制度などが出来ています。

また同時に、パチンコや競馬などのギャンブルに陥った挙句、会社のお金などを盗むことなどを防ぐために、万が一に家庭が火の車などの状態になってしまった場合などには、会社に相談をすると、弁護士さんなどを通して、カードローンおすすめでお金を借りることが出来る制度が出来ている会社もあります。

Comments are closed.

Post Navigation